1 オムコシ ★ 2018/02/11(日)
ID:CAP_USER9.net

スマートフォン向けマリオカート『マリオカートツアー』がDeNAと任天堂が共同開発している事が明らかに。

さらに本作が基本無料の「Free to Start」方式になることも決算説明会にて発表された。

「Free to Start」は一般にF2P(Free to Play)と呼ばれるモデルと基本的には同じだが、「Free to Play」では「タダで遊べる」が前面に出ており、ゲームに価値を感じてもらいたい任天堂的にはあまりよくない言葉ということで、故・岩田社長が提唱したのが「Free to Start」。

そのため任天堂においては買い切りタイプの「スーパーマリオラン」も、アイテム購入制の「どうぶつの森」も、ガチャ方式の「ファイアーエムブレム」も「Free to Start」とうたってきたため、現時点では具体的に課金要素がどうなるかは不明。

以下、全文を読む
http://japanese.engadget.com/2018/02/09/dena-free-to-start/
29 名無しさん@恐縮です 2018/02/11(日)
ID:5WR/pWi90.net

基本w
32 名無しさん@恐縮です 2018/02/11(日)
ID:BhZEv2a/0.net

あまり期待できないな
68 名無しさん@恐縮です 2018/02/11(日)
ID:TkmwDBmy0.net

グリーはそろそろ任天堂の倒し方発動した方がいいんじゃないのか?
【【ゲーム】スマホ版『マリオカート』は任天堂とDeNAが共同開発!基本無料でスタート可能!! 】の続きを読む